避妊をするなら処方アフターピルを持ち歩く

避妊をするなら処方アフターピルを持ち歩く

避妊を徹底したいなら、まず低用量ピルを毎日服用することがおすすめです。
避妊率は99%と、100%までには至らないものの、とても高い確率で避妊できます。
一番手軽な避妊方法としてコンドームが使用されていますが避妊率は97%。
つまり100回使用して、3回失敗するという計算になります。
しかし、その3回がどこで起こるかは分かりません。
初めて使用して失敗する場合もあるということになるのです。
そのため低用量ピルを使用することが一番安全であり、それにコンドームを組みあわせれば、より安全ということになります。
しかしうっかりピルを飲み忘れてしまうということもあり、そんなときにはとにかく飲む予定の時間から24時間以内に飲むようにしましょう。
24時間以内に2錠飲めば、そのまま効力は続きます。
飲み忘れたことに気づくのは大体外出先などなので、化粧バッグなどに、低用量ピルを余分にいつも入れておくことと、24時間以内に服用することができるのではないでしょうか。
また、もしコンドームなどの避妊に頼っている場合は、アフターピルが必要でないときに病院で処方してもらい、いざというときのためにいつも持ち歩くようにしましょう。
コンドームなしでセックスをしてしまったときや、コンドームが切れてしまったというときにも、すぐに飲めばそれだけ避妊効果は高くなります。
最初1回目の服用は72時間以内ですが、当然失敗したときにすぐに飲めればベストです。
次の日の病院が開くのを待っている間にも、時間はどんどん過ぎてしまいます。
できるだけ前もって手に入れておき、持ち歩けば安心です。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販