処方アフターピルと処方中用量ピルについて

処方アフターピルと処方中用量ピルについて

アフターピルや中用量ピルは、どちらも薬局などで購入することはできず、医師の処方によるものとなります。
もちろん個人輸入代行などを利用して自分で購入することもできますが、普通に購入することはできません。
そんなアフターピルや中用量ピルについてのご紹介です。
アフターピルは避妊をし忘れたり、ゴムが破れたなど避妊ができなかったときに、緊急的に使用することができます。
しかしアフターピルの代わりになるのも中用量ピルなのです。
現在超低量ピルや低量ピルを毎日接すし、避妊として利用されており副作用も少ないため、避妊だけでなく生理不順などの改善にも利用されています。
それに比べてアフターピルや中用量ピルはホルモン量も多く、緊急的な避妊にはとても効果があるものの、日常飲むには適しません。
アフターピルの場合は72時間の間に1回服用のみのタイプと、1回目の服用から12時間後に2回目を摂取するタイプがあります。
また、もし中用量ピルをアフターピル代わりに使用するなら、どの薬も72時間以内に1回摂取し、12時間後に2回目を服用します。
薬価的にはアフターピルの方が高くなるため、人によって中用量ピルを選ぶ人もいます。
また医師によってはアフターピルしか処方しない病院もあるので、希望の薬が処方してもらえる病院を選ぶことも大切です。
ちなみに低用量ピルを飲み忘れた場合は、24時間以内に2錠服用すると避妊効果は持続するので、アフターピルを使用しなくても大丈夫です。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販