処方アフターピルの飲む時間と妊娠率

処方アフターピルの飲む時間と妊娠率

アフターピルを処方してもらうのも、性交渉からできるだけ早い時間であることが理想です。
そのため金曜日の夜に失敗してしまった場合、土日でも診療を行っている、アフターピルを扱っている病院をチェックしておくことも大切です。
もしそれが無理ならネットなどを利用して、個人輸入業者などから購入しておくこともおすすめです。
特にアフターピルの服用は性交渉から12時間以内に摂取すると妊娠の確率は0.5%と、100%にとても近い数字なのです。それが24時間を過ぎた場合は1.8倍にもなってしまいます。
この違いは約3倍にもなってしまうのです。
細かく数値でご紹介すると、性行為直後から12時間以内の場合は0.5%、13時間から24時間以内の場合は約1.5%。
25時間から36時間以内なら1.8%、37時間から48時間以内で2.6%。
49時間から60時間以内になると3.1%、61時間から72時間以内で4.1%にも高くなってしまうのです。
病院での処方によるアフターピルは、いざというときにすぐに処方してもらえるとは限らないため、そのときになって、前持って購入しておけば良かったと後悔しても遅いということに。
そのため、自分が体質的にアフターピルに合わなくないかなどのチェックも前持ってしておきます。
後はアフターピルを購入しておくことが大切です。
もし個人輸入代行などを利用しても、約2週間はかかってしまいます。
そのため、失敗してからでは遅れてしまうため、失敗する前にもしものことを想定して用意しておきましょう。
あとは信頼できるショップで購入することだけを注意すれば、もういつ失敗しても万全です。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販