処方アフターピルの避妊のメカニズム

処方アフターピルの避妊のメカニズム

今アフターピルが人気となっていますが、どのようなメカニズムで避妊するのでしょう。
まず代表的なアフターピルというと「ノルレボ法」や「プラノバール」ですが、1つの作用として排卵を遅らせる働きがあります。
また子宮内膜への着床を阻止するという働きがあります。
つまりアフターピルは排卵と着床の両面から阻止する働きがあるのです。
生理のメカニズムは、生理が始まった日から女性ホルモンの一種、エストロゲン分泌がどんどん増え、ピークになると排卵日を迎えます。
排卵が起こると、そのときから今度は女性ホルモンの一種であるプロゲステロンがどんどん増え、受精卵の着床のため子宮内膜を増やしていきます。
つまり受精することと、着床することの2つが行われなければ妊娠はしません。
そこでアフターピルを使用することで、このどちらかに働き掛けるのです。
そのためアフターピルを排卵前に使用した場合は、排卵を遅らせることができ、それにより精子と卵子が受精することを抑制し、妊娠しないように働きます。
また精子の侵入阻害、卵子の輸送阻害などにも有効と言われていますが、使用する時期が排卵後であれば、強制的に子宮内膜を剥がし生理のような状態にして、着床を阻害するわけです。
そのためアフターピルを使用時期が、排卵前であるかで排卵後であるかによって、その働きは大きく変わってきます。
このように確実な働きをしてくれるアフターピルですが、100%の不妊は期待できません。
また体に負担がかかるため、安易に使用するのはおすすめできません。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販