処方アフターピルの代わりになるもの

処方アフターピルの代わりになるもの

処方アフターピルがない場合、緊急に利用できるものがあります。
例えば低用量ピルが手元にあれば、これを代用してアフターピルとして使用できます。
低用量ピルの場合、できるだけ性交渉の後早く1回目を飲んで、次に12時間後に2回目を飲むようにしましょう。
服用量は「マーベロン」の場合、1回分が白3錠で合計2回飲むことになります。
「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」の場合は1回分が黄色4錠で2回飲みます。
もともと日常的に低用量ピルで避妊をしていて、忘れたなどでアフターピルが欲しいときには、このような飲み方で避妊率を高めることができます。
また中用量ピルがもし手元にある場合は性交渉後72時間以内に2錠摂取、その後12時間後にもう2錠摂取することになります。
「ソフィアA」「ロ・リンデオール」「ノアルテンD」「ドオルトン」などの中用量ピルの白2錠です。
高用量ピルがもし手元にある場合は性交渉後72時間以内に1回目1錠摂取し、12時間後に2錠摂取しましょう。
「ソフィアC」の1回目白1錠、2回目2錠となるので間違わないようにします。
しかしこれらは体に相当負担を掛けるため、次の生理が来るまで2度は使用できません。
またあくまでも緊急のときに限ってであり、ちょくちょく気楽に使用するべきものでないことを、自己責任として注意しなければなりません。
また副作用で吐いたときは、錠剤がそのまま出ない限り追加して飲むことは避けるべきです。
そのため気分が悪くても吐かないようにしましょう。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販