処方されるアフターピルの種類について

処方されるアフターピルの種類について

医師によって処方されるアフターピルの種類についてご紹介してみましょう。
まず「ノルレボ錠」ですが、これは日本の場合医師が一番よく使用するアフターピルです。
セックスから72時間以内に1回2錠摂取するだけでOK。実際には120時間以内なら効果は高いとも言われているのです。その上、副作用も少ないこともあり、病院としても安心して処方できる薬と言えるのです。
もう一つ人気のあるアフターピルは、「プラノバール錠」です。
実はもともとアフターピルとして製造された薬ではなく、中用量ピルとして存在しているものを、アフターピルとして転用しています。
「プラノバール錠」は「ノルレボ錠」より、女性ホルモンを大量に摂取することになるので、副作用も出やすいと言われているお薬です。
特に飲んで数分で強い吐き気に襲われることもあり、それによって吐いてしまうと効果がなくなってしまうので、できるだけ吐かないように我慢することが必要となります。
このようなことからも医師は「ノルレボ錠」を勧めることがほとんどとなりました。
「プラノバール錠」は「ノルレボ錠」とは違い、セックス後72時間の間に1回2錠摂取し、そしてそこから12時間たったらもう一回、2錠摂取する必要があるのです。
つまり2錠を2回、合計4錠飲まなければなりません。
しかし「ノルレボ錠」が1回飲むだけの2錠分でも、価格は1万円から2万円に対し、「プラノバール錠」は4錠分で5,000円から1万円程度が相場なので、「ノルレボ錠」の半分程度となり、利用しやすい価格と言えそうです。
そして現在の日本では医師の処方できるアフターピルは、この2種類のみとなっています。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販