低用量ピルを通販で注文(個人輸入代行)する安全性について

低用量ピルの服用方法

低用量ピルの役目や安全性は、日本ではまだまだ認知度が低いままです。
しかし欧米では、コンドームよりも避妊効果が優秀だといわれています。
そのうえ女性の体の働きを正常に保ってくれるとして、多くの人が使用しています。

 

 

日本の女性には、低用量ピルを病院で処方してもらうときの手続きにも
不安を感じるかもしれません。
低用量ピルを処方してもらうには、検査などは不要です。
あるとしたら、血圧測定くらいでしょうか。
問診を経て、必要だと医師が判断すれば処方してもらえます。

 

 

服用方法も簡単で、一日一錠を好きな時間に飲むだけ。
ただし毎日必ず飲む必要があるので、決まった時間に服用したほうがいいでしょう。
夜寝る前に服用する人も多く、
飲み忘れがないようにカレンダーやノートにつけておくのがおすすめです。
万が一飲み忘れてしまった場合でも、2錠を一度に服用してはいけません。

 

 

まずは1錠服用し、その後少し経ってからいつもの時間に1錠飲むようにします。
もしも2錠以上、つまり2日以上服用し忘れてしまったら、服用を一度やめてください。

 

数日中に出血が始まるので、その3日目からまた1錠ずつ低用量ピルを飲み始めるのです。
ただ、出血した時点で驚いてしまう人が多いでしょう。
まずは飲み忘れたことを医師に報告し、アドバイスをもらうのが賢明です。

アフターピルと低用量ピルのざっくりとした違い

日本人男性はコンドームを使用する割合が世界的に見ると、
まだまだ低いと言われています。

 

エイズなどの病気が知られるようになってから、
コンドーム使用率はグーンと高くなりましたが、
それでもまだ欧米などに比べるととても低いのです。

 

そのため恋人が相手であっても、女性が避妊を調整しなければなりません。
そこで使用されているのが低用量ピルやアフターピルです。

 

ではこの二つの違いについて考えてみましょう。
一般的に「ピル」というと、大体この低用量ピルのことを指します。

 

 

低用量ピルが一般的になる前は、
中用量ピルや高用量ピルが使われていましたが、
副作用の問題がありました。

 

 

低用量ピルは避妊効果が出る限界まで減らすことができたのです。

 

ただし毎日1錠をなるべく同じ時間に飲むことが、
最大限に発揮するためのコツとも言えます。

 

 

アフターピルは毎日服用する低用量ピルとは違い、
性交渉後48時間、72時間、120時間以内(薬剤によって違う)に服用すれば、
95%の避妊率が期待できるといったタイプのピルです。

 

 

例えば妊娠を望まない女性が、避妊をしない望まないセックスをしたときなど、
妊娠を避けるためにセックスの後に使用するものです。

 

もちろん低用量ピルも目的は避妊ですが、
セックスすることが想定されている場合の低用量ピルの使用とは違い、
突然の避妊なしのセックスにおける避妊のためのお薬です。

 

ただしアフターピルは急激にホルモンバランスを変えることになるので、
副作用が強いと言われています。

コンドーム以上の避妊効果低用量ピル

避妊したい男女が用いる方法に、コンドームがあります。
一番簡単に避妊できる方法として、必要があれば男性には着用を心がけてほしいものです。
男性の中には、コンドームをつけたくないばかりに、女性にピルを服用させようとする人がいます。

 

しかし、ピルには女性の体に副作用を起こさせるリスクが伴います。
その点を男女ともによく理解したうえで、ピルを利用することが重要なのです。
一方で、コンドームには稀に破けてしまうというリスクがあります。

 

包装済みのコンドームが破れていることなどはまずありませんが、
装着時に破けてしまうなどのハプニングはないとはいえません。
そこで、確実に避妊したい人は低用量ピルで安全に避妊を心がける選択をすることができます。

 

 

低用量ピルは、毎日服用を続けて排卵を抑制する薬です。
ピルよりも副作用が少なめなので、女性の体への負担を抑えることができます。

 

女性ホルモンを中心とした薬ですから、
服用した女性は妊娠したのと同じような心身の状態になり、
そのため黄体ホルモンが分泌されにくくなることで卵巣が休み、妊娠しなくなるのです。

 

欧米ではピルの使用に理解が深く、
約3割近くもの女性が低用量ピルを使用しているともいわれています。
日本で心配されているのは不妊症になるのではないかということでしょうが、その心配はありません。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販