低用量ピルを利用できない人

低用量ピルを利用できない人

低用量ピルを利用すると、性周期を改善したり避妊することもできます。
一見相反することのように思えますが、女性の体に役立つ便利な薬であることには間違いありません。
ただし、使い方を間違えると女性の健康を損ねてしまう恐れもありますから、気をつけましょう。
低用量ピルの主な成分は女性ホルモンで、女性ホルモン系の病気の人は利用できません。
過去に関係する病気にかかったことがある人も、服用できません。
その成分には、血液を凝固しやすくするエストロゲンも含有されているため、血栓症の人やそのための治療薬を服用している人も低用量ピルを使えません。
サプリメントとの組み合わせも、事前に医師によく相談しておきましょう。
この他、厳重注意しておきたいのが、タバコを吸う人です。
日に15本以上のタバコを吸うヘビースモーカーの人は、35歳以上だと低用量ピルを用いることができません。
その条件を免れた人でも、タバコを吸っているなら血栓症などのリスクを持っています。
そのため、低用量ピルの使用で、さらに病気の可能性を高めてしまう恐れがあるのです。
高血圧、乳がん、子宮体がん、静脈血栓症などの疑いがある人、病歴がある人も使用禁止です。
つまり、低用量ピルを用いる必要がある人でも、ある程度は健康でないと服用できないわけなのです。

低用量ピルトリキュラー