効果別の低用量ピルの種類

効果別の低用量ピルの種類

2種類の女性ホルモンが含有している低用量ピルですが、ピルの種類にもいろいろあります。
女性ホルモンのうち、卵胞ホルモンとして含まれているのはエチニルエストラジオールのみです。
しかし、もう1種類の黄体ホルモンとして含まれているものには、低用量ピルの種類によって違いがあります。
ノルエチステロン、デソゲストレル、レボノルゲストレル、ドロスピレノンといった4種類の黄体ホルモンが採択されているのです。
黄体ホルモンの種類は、第1世代から第3世代にまで分けられています。
配合量によって、1相性から3相性までの分類もあります。
日本でよく用いられているのは、第2世代3相性。
これには、アンジュやトリキュラー、ラベルフィーユなどの製品があります。
病院で処方された低用量ピルを確認すれば、これらのいずれかの製品名が書かれているケースがほとんどです。
子宮内膜を落ち着かせてくれるので、他の低用量ピルよりは不正出血の確率が低いのが、これらの製品の特徴。
他にも、第1世代1相性のオーソという低用量ピルは、不正出血の量を軽減する効果が高いといわれています。
生理痛にもいい薬なので、生理のときに辛い症状に苦しんでいる人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。
オーソは、子宮内膜症の治療にも使われています。

低用量ピルトリキュラー