低用量ピルの服用注意

低用量ピルの服用注意

女性の心身は、ホルモンバランスによって支えられています。
ホルモンバランスが好調なら心身の状態も安定し、バランスが崩れてくると不調が目立ってくるものです。
女性は常にその周期に配慮し、バランスを保つようにすることが大切です。
ホルモンバランスを崩してしまったときに、様々な効果を発揮してくれるのが低用量ピルの便利な点です。
月経困難症やニキビ治療などにも用いられることがありますが、服用法には注意をしておかなければなりません。
安全性が高いとはいっても、副作用が全くないとはいえない薬だからです。
副作用のリスクとして覚えておきたいのは、血栓症です。
低用量ピルにはエストロゲンが配合されており、その成分が肝臓で代謝されると血液凝固作用が働きます。
すると血管に血栓が出来やすくなり、血液の流れをとどめてしまう恐れがあるのです。
血管障害には心筋梗塞や脳卒中なども含まれますから、最悪の場合は死に至ることもあるでしょう。
血栓症になると、頭痛がひどくなったり視力が弱まったり、むくみが出るなどの兆候が現れます。
こうした兆候を見逃してしまうと、気付かぬうちに症状が進行して突然死に至ってしまうかもしれません。
早めに発見して対策すれば防げる病気ですが、放っておくとどんどん進行してしまうので気をつけましょう。

低用量ピルトリキュラー