にきび治療のための低用量ピル

にきび治療のための低用量ピル

低用量ピルがニキビ治療にも用いられていると知ったら、驚く人が多いのではないでしょうか。
海外ではピルの利用が一般に普及しており、その使い方も広がっています。
低用量ピルにもいろいろな種類があり、ニキビ治療に用いられているのはマーベロンやファボワール、ヤーズなどの製品です。
一般に、ニキビは思春期に出ることが多く、これはホルモンバランスが安定していないことも原因のひとつと考えられてきました。
しかし、最近げは大人ニキビと呼ばれる成人してから出来るニキビも増えており、繰り返し発生するニキビに悩んでいる女性も多いのです。
現代の生活にはストレスも多く、ホルモンバランスが崩れやすいのです。
低用量ピルでホルモンバランスを安定させることができれば、ニキビもおさまってくるはずです。
低用量ピルには女性ホルモンが含まれているので、正常なバランスを取り戻すことができるのです。
ニキビの治療の際に用いられる低用量ピルは、1相性ピルと呼ばれる種類です。
毎日1錠飲むことで、1ヶ月から3ヶ月ほどで効果を実感できるでしょう。
ただ、低用量ピルにも、副作用が全くないわけではありません。
副作用には個人差がありますが、もしも体調が悪くなるようなことがあれば、使用を中止して医師に相談しましょう。

低用量ピルトリキュラー