低用量ピルに関する噂

低用量ピルに関する噂

低用量ピルに関しては、まだまだ日本では誤解されている面も多いようです。
例えば、ピルを飲むようになると太るという説があります。
これは、ホルモンバランスが安定することによって起こりがちな現象です。
しかし、実際にはプラスマイナス2kg程度の増減が見られるのが平均です。
もっと太ってしまうという人は、自己管理に問題があるかもしれません。
昔のピルは、ホルモンの配合量が多くて副作用が強く出るようなこともありました。
しかし最近では、医学の進歩により低用量ピルに配合されるホルモン量も上手に調節されています。
太る心配がないだけでなく、他の副作用も最小限に抑えることができるのです。
妊娠しにくくなるという説も、あまり根拠のない噂です。
低用量ピルを飲んでいる間は当然妊娠しなくなりますが、服用をやめれば正常に生理がやってきて妊娠できるようになります。
もしもそれで妊娠できないとすれば、他に問題があると考えたほうがいいでしょう。
低用量ピルを飲んでホルモンバランスが整えられると、生理痛が軽減したり出血量が正常になってきます。
そのため、月経困難症に悩んでいた人も楽になるはずです。
ニキビなどのひどい肌荒れを低用量ピルで治療する方法も、普及し始めています。
体に不調を感じたら、病院で相談してみることをおすすめします。

低用量ピルトリキュラー