低用量ピル内の女性ホルモン

低用量ピル内の女性ホルモン

低用量ピルが様々な女性の不調を解決してくれるのは、薬の成分に女性ホルモンが含まれているからです。
その1種がエストロゲンで、最近では大豆製品に含まれるイソフラボンが植物性エストロゲンなどと呼ばれて人気を呼んでいます。
エストロゲンと同じような働きをしてくれるからで、それだけ女性ホルモンの力が偉大だということがわかります。
エストロゲンは、生理から排卵直前までの12日間ほど多量に分泌されます。
子宮に血液を送ったり、卵子の成熟を促進するために働いているのです。
もう1種類の女性ホルモンであるプロゲステロンは、生理後半2週間ほどに多量に分泌されます。
子宮内の組織を成熟させ、体を温める作用も持っているホルモンです。
低用量ピルに含まれるホルモンはヒトと同じ分子構造ではなく、人工的に作られた成分です。
だからこそ、似た働きをする一方で、違った作用もしてしまうことがあるのです。
また、人工的な女性ホルモンは体外に排出されにくく、これが体に悪影響を与えてしまうこともあります。
一概にはいえませんが、人によっては体に蓄積された人工ホルモンがガンの原因となってしまうケースもあるのです。
正しい服用を心がけるのはもちろんですが、あまり長い間にわたって低用量ピルを利用し続けるのにも慎重になりましょう。

低用量ピルトリキュラー