低用量ピルのガン発症リスク

低用量ピルのガン発症リスク

低用量ピルにはメリットも多いながら、多少のデメリットもあります。
それが副作用なのですが、副作用の出方は人によって異なります。
全く副作用を感じないという人もいれば、複数の副作用が出てしまう人もいるのです。
少しでも副作用のリスクを抑えるためには、正しい使用を心がけることが大切です。
ただし、低用量ピルのリスクに関する誤解が未だに多いのも事実。
乳がんになるなどの噂は、信憑性が薄くなってきたことを知っておきましょう。
最近の研究では低用量ピルによる乳がん発生リスクは増加が認められていないばかりか、減少していると見る説もあります。
日本産科婦人科学会が報告しているくらいですから、信用できそうですね。
子宮がんの発生リスクについても、心配なところです。
低用量ピルを10年以上も使用し続けていると、子宮がんの発生リスクが高まるという報告がされています。
5年未満ならリスクの増加はないとされますが、長期間に渡って使用するのは低用量ピルであっても慎重に検討する必要があります。
低用量ピルを服用するときには、定期的に子宮頸がんなどの検査も受けることをおすすめします。
避妊以外にも幅広い効果に期待できる低用量ピルですが、安易な気持ちで利用するのだけは避けなければいけません。

低用量ピルトリキュラー