低用量ピルによる静脈血栓症

低用量ピルによる静脈血栓症

避妊目的の他に、月経困難症や子宮内膜症の治療にも使われているのが、低用量ピルの優秀さです。
徐々に国内での使用者も増えてきていますが、副作用だけは心配ですね。
そもそも、副作用が少ないのが低用量ピルのメリットでもあります。
とはいえ、実は副作用で死亡者が出てしまったこともあるのです。
これは、静脈血栓症になってしまったことが原因です。
低用量ピルの副作用で静脈血栓症になり死亡する確率は、カナダ産婦人科学会によると10万人に1人だそうです。
しかし、その1人に自分がなってしまわないともいえません。
もともと血管系に心配がある人は、医師とよく相談したうえで低用量ピルを使用することが大切です。
日頃からタバコを吸っている人も、低用量ピルを服用することで血栓症のリスクを高めてしまいます。
タバコには血栓症のリスクが高く、それを低用量ピルで相乗してしまうのがよくないのです。
低用量ピルの処方は医師から行われますが、問診程度で簡単に処方してもらえます。
そのため、病気を持っていたりタバコを吸っているなどの自己申告は、きちんと行っておくことが重要です。
万一ピルの服用を始めてから体調不良が発生したら、すぐに服用を中止して病院を受診しましょう。
早期に発見して対処すれば、血栓症も治療が可能です。

低用量ピルトリキュラー