低用量ピルとガン発症リスク

低用量ピルとガン発症リスク

ピルにはガンの発症リスクがあると噂されていたのは、少し前の話です。
今ではそのリスクについては確かなデータが報告されており、低用量ピルが必ずしもガンに結びつくという考えは覆されています。
実際、長期的に使用すれば、低用量のピルでもガンの発生リスクが高まります。
これを危険が高いと判断する医師がいても、不思議ではありません。
正しく利用すればガンの発症リスクは低いと信じる医師は、低用量ピルの管理や指導に自信があるともいえます。
実は、乳がんの発生リスクは、低用量ピルを使用していなくても高まってきています。
従来は25人に1人といわれてきた乳がんでしたが、今では20人に1人がかかる病気であるともいわれるようになりました。
アメリカなどでは、8人に1人が乳がんを発症しています。
その原因は、生活習慣や食生活の変化が関係していないとはいえません。
度合いも人それぞれですが、女性なら定期的な乳がん検診を受けておくのが健康に長生きする秘訣です。
また、子宮頸がんのリスクも、加齢するほど高まるといわれてきました。
これも、最近では加齢にかかわらず発症するとされ、早期発見のために定期検診が推奨されています。
病気になってみてはじめてわかる大変さを感じなくて済むように、検査して防ぐことが出来る病気には気をつけておきましょう。

低用量ピルトリキュラー