低用量ピルで静脈血栓症を起こしやすい人

低用量ピルで静脈血栓症を起こしやすい人

静脈血栓症のリスクが副作用にある低用量ピルですが、もちろん発症のリスクは低いものです。
それでも副作用が出てしまうのには、ピルだけでなく他のことにも原因があると考えられます。
例えば、タバコを毎日15本以上吸っている人、なおかつ35歳以上の人は、低用量ピルを服用していなくても血栓症のリスクがあります。
それだけ、タバコは血液の流れに影響を与えてしまうということです。
年齢が高くなればなるほど、低用量ピルが血栓症におよぼすリスクも高くなります。
というのは、中高年になれば血栓が出来やすくなるからです。
35歳以上で毎日15本以上タバコを吸う人には、低用量ピルは処方されません。
人からもらって服用するのも、絶対に止めましょう。
高血圧やその予備軍、肝機能障害、心疾患、腎疾患などの人も、相対的禁忌といわれて低用量ピルの服用に注意しなければなりません。
低用量ピルを飲み始めても、すぐに副作用が現れてくるとは限りません。
特に血栓が出来るには時間がかかりますから、数ヶ月経ってから血栓症になるという人もいるのです。
血栓症の治療をするために低用量ピルを休止して、血栓症がよくなったらまた低用量ピルを飲み始めるというのもおすすめできません。
危険がある人は、使わないでおくのが一番なのです。

低用量ピルトリキュラー