エストロゲンでピルを分類

エストロゲンでピルを分類

ピルの存在を知ってはいても、自分には不要、あるいは興味があっても病院で相談したことまではないという女性が多いのではないでしょうか。
欧米では普及率が高いピルも、日本ではまだまだ特別な人が用いる薬というイメージです。
それは、従来からある高用量ピルや中用量ピルのインパクトが強いからでしょう。
最近では、それらの薬よりも副作用が少なく安全性の高い低用量ピルがよく利用されています。
用量が低中高とあるのは、卵胞ホルモンのエストロゲンがどのくらい含まれているかに関係しています。
エストロゲンを長期的に服用すると、副作用のリスクが高まります。
そのため、使用する量が制限されているのです。
世界保健機関では、エストロゲンの含有量を50μg未満抑えたピルにするようにと勧告しています。
その量の制限を満たしているのが、低用量ピルなのです。
エストロゲンは、単体で働くと不正出血のもととなるプロゲステロンの働きを調節する作用があります。
プロゲステロンには体毛が濃くなるなどの働きもあるため、女性の体はエストロゲンで上手くコントロールされているのです。
しかし体内でエストロゲンの量が乱れてくることもあり、それが不調を生んでしまう場合もあります。
ホルモンバランスを整えるためには、低用量ピルが便利なのです。

低用量ピルトリキュラー