処方アフターピルを避けたい人

処方アフターピルを避けたい人

アフターピルを処方してもらう場合は、注意する人についてもチェックがあります。
しかし個人輸入などで購入する場合は、アフターピルが使用できる体質かをチェックしましょう。
アフターピルは特に女性ホルモンを急激に大量摂取するため、体への負担が大きく、副作用とした吐き気、頭痛などが起こりやすいと言われています。
しかし本当に恐ろしいのは血栓ができやすいということなのです。
血栓とは血液の固まりのことであり、血栓ができると血管が詰まってしまうことで脳梗塞や心筋梗塞を起こす原因にもなるのです。
そのため健康な人なら、1回、2回の使用であれば特に問題はないと言われていますが、病気を持っている人やもともと血栓ができやすいタイプの人は向きません。
まず肥満気味、35歳以上、タバコを日常吸っているという、3つに当てはまる女性は要注意と言えるでしょう。
特に1日15本以上の喫煙、何年も喫煙を続けている人などは血栓のリスクがとても高いと言われているので、そのようなタイプの女性には絶対におすすめできません。
軽度であっても高血圧気味な女性、家族などに血栓症系の病気の人がいる場合は注意が必要です。
また肝障害、心疾患、腎疾患などの人は使用できません。
とは言っても、医師の処方意外に自分の購入した場合は、知らずに使用してしまう危険もあります。
もしアフターピルを使用したいと思うのであれば、前もって自分の健康をしっかりチェックしておく必要があるのではないでしょうか。

低用量ピルトリキュラー