アフターピルの処方価格について

アフターピルの処方価格について

アフターピルの処方について、病院では自由診療となるので、診療費と薬剤の価格になります。
そのため病院によってもその価格の差も大きいのが現状です。
アフターピルには大きく分けて2種類が人気ですが、ヤッペ法といわれているタイプとノルレボ法というタイプがあります。ヤッペ法の場合は時間を空けて2回摂取する必要があるタイプで、現在1回だけでOKのノルレボ法が人気です。
そのため病院によってはアフターピルの場合は、ノルレボ法を採用しているところが多いようです。
もちろん病院によっては価格も違うので、どちらを選ぶか選択させてもらえるところもあります。
しかしノルレボ法の方が副作用も少ないので、医師としてもこちらを勧めることがほとんどなのです。
価格的にはノルレボ法が高くなり、大体1回分、2錠10,000円~20,000円と言われています。
またヤッペ法はいわゆる中用量ピルを使用するもので、こちらは1回分4錠5,000円~10,000円程度となりますが、現在扱ってない病院も結構あります。
ちなみに通販の場合1回分2錠で、約2,000円程度でサービス価格などを実施しているときは1,500円程度の場合もあります。
この価格の違いが、現在通販での購入が多くなっているのです。
価格だけで考えると、やはりネットでの通販が一番安いと言えますが、もちろん自分で購入するときには注意することもあるので、その辺の情報をしっかりと入手してから使用するようにしなければなりません。
また病院も夜中にやっていないこともあるので、ネット通販で買い置きをしておくのもおすすめです。

低用量ピルトリキュラー