低用量ピルを通販で注文(個人輸入代行)する安全性について

低用量ピルトリキュラー

アフターピルは予定外に避妊をせずにセックスを行ったときの緊急避難として使用できるものです。しかし実は、避妊しなくても妊娠の可能性のあるときにセックスしたら、あとはアフターピルに頼ってしまえばいいと考えてしまう女性もいます。しかし簡単に考えるには、あまりにも副作用が強いのが、このアフターピルです。もちろんアフターピルの副作用は人によっていろいろ症状も違います。しかしそれらの症状よりもっと怖いのが、何...

アフターピルを正式な形で手に入れようとすれば、医師の診断によって処方してもらうことが必要となります。そこでアフターピルを処方してもらうために、どのような流れで医師とのやり取りが行われるのでしょう。初めて産婦人科や婦人科に行く女性にとっては、とても不安かも知れません。アフターピルの処方は問診だけで、処方してくれる病院が多いと言われています。特に犯罪などと関係ない場合は、内診や洗浄はしません。問診票に...

アフターピルは医薬品として、自由にわたしたちがドラッグなどで購入することはできません。そのため医師の診断を受けて処方してもらうことになります。しかし健康保険も利かないため、価格は高いものとなってしまうのです。そこでもっと安く購入する方法として、ネット通販で購入する方法があります。ネットでは海外に拠点をもっているドラッグショップからの購入や、個人輸入代行のショップなどから購入できるのです。ただしネッ...

アフターピルの処方について、病院では自由診療となるので、診療費と薬剤の価格になります。そのため病院によってもその価格の差も大きいのが現状です。アフターピルには大きく分けて2種類が人気ですが、ヤッペ法といわれているタイプとノルレボ法というタイプがあります。ヤッペ法の場合は時間を空けて2回摂取する必要があるタイプで、現在1回だけでOKのノルレボ法が人気です。そのため病院によってはアフターピルの場合は、...

アフターピルを病院で処方してもらう方法と、ネット通販で個人輸入代行などから購入する方法がありますが、処方してもらうことのメリットについて考えてみましょう。まずネット通販では現在いろいろなトラブルがあります。アフターピルの場合も同じく、届いてみたらまったく偽物だったりすることも問題になっています。そのため処方されたアフターピルは、品質、安全性が確保されているということが言えます。また飲むに当たっての...

医師によって処方されるアフターピルの種類についてご紹介してみましょう。まず「ノルレボ錠」ですが、これは日本の場合医師が一番よく使用するアフターピルです。セックスから72時間以内に1回2錠摂取するだけでOK。実際には120時間以内なら効果は高いとも言われているのです。その上、副作用も少ないこともあり、病院としても安心して処方できる薬と言えるのです。もう一つ人気のあるアフターピルは、「プラノバール錠」...

処方アフターピルにも処方中用量ピルにも、女性ホルモンがたくさん含まれており、それによって無理に生理を起こすのです。アフターピルも中用量ピルも一般的には同じように、緊急避妊に対応することができます。しかし中用量ピルの方が、緊急避妊のためには2度飲む必要があるなど摂取が面倒なので、現在処方としてはアフターピルが中心となっています。そしてもう一つ理由があり、それが副作用の問題なのです。人工的に生理を起こ...

処方アフターピルでも種類によって使用方法は違いますが、それぞれの使用方法に従って正しい飲み方をしても避妊率は100%ではありません。アフターピルの場合は「ノルレボ」を使用した場合は約1.1%、「プラノバール」を使用した場合は3.2%が妊娠すると言われています。つまりやはりアフターピルを使用すると、100%ではないものの相当妊娠を防ぐことができると言えます。しかしこの数字を見て、あまり安心ばかりは出...

アフターピルは避妊ができなかったときに、医師に処方してもらうものですが、やはり100%の成功率とは言いきれないのが現状です。そのため失敗して妊娠してしまうということもあります。そんなときに赤ちゃんへの影響を心配する声もありますが、実は赤ちゃんへの影響はほとんどないと言われているのです。もちろん妊娠した妊婦さん全員が同じように先天性異常の危険があり、アフターピルが原因でなくても異常が起こる可能性はあ...

アフターピルは薬のタイプによって違いますが、どれも72時間以内に1回服用し、薬によってはそこから12時間後にもう一回服用するタイプもあります。そして1回目の服用は、例え72時間以内でも早ければ早いほど避妊効果が高いと言われているのです。しかし病院が休みであったり、いろいろな理由で72時間以上服用が遅れた場合は、医師に相談をして、「ノルレボ」を処方してもらいましょう。アフターピルの中でも「ノルレボ」...

処方アフターピルであっても、避妊率は100%ではないことを、忘れないようにしなければなりません。避妊が成功しているかどうか分かるのは、アフターピルを使用後、生理がきたかどうかということになります。もともとアフターピルは無理に生理の状態をつくるため、早い場合は3日後ぐらいに生理がくる場合もあるのです。しかし遅い場合は3週間後ということも。そこで一応アフターピルを飲んだら生理は3日~3週間後にはくると...

日常的に避妊をするために低用量ピルを飲んでいる女性もたくさんいます。しっかり飲んでいれば大体100%近く避妊ができると言われています。そのためしっかり毎日飲んでいれば、アフターピルを処方してもらう必要はありません。つまりアフターピルを使用するということは、飲み忘れてセックスをしてしまったということになるわけです。すると、次の低用量ピルはいつから再開できるのでしょう。またセックスはいつから解禁となる...

処方アフターピルがない場合、緊急に利用できるものがあります。例えば低用量ピルが手元にあれば、これを代用してアフターピルとして使用できます。低用量ピルの場合、できるだけ性交渉の後早く1回目を飲んで、次に12時間後に2回目を飲むようにしましょう。服用量は「マーベロン」の場合、1回分が白3錠で合計2回飲むことになります。「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」の場合は1回分が黄色4錠で2回飲みます...

処方アフターピルを摂取するときには、医師からも注意を受けると思いますが、相性の悪いものがあります。まずお酒との飲み合わせには注意しなければなりません。実はアルコールとアフターピル自体は特に相性が悪いわけではないのです。しかしアフターピルは気持が悪くなったり、吐き気が強く出る場合があります。アルコールが入っていると、より吐き気が強くなる可能性があるので注意しなければなりません。アフターピルは吐いてし...

今アフターピルが人気となっていますが、どのようなメカニズムで避妊するのでしょう。まず代表的なアフターピルというと「ノルレボ法」や「プラノバール」ですが、1つの作用として排卵を遅らせる働きがあります。また子宮内膜への着床を阻止するという働きがあります。つまりアフターピルは排卵と着床の両面から阻止する働きがあるのです。生理のメカニズムは、生理が始まった日から女性ホルモンの一種、エストロゲン分泌がどんど...

アフターピルを処方してもらう場合は、注意する人についてもチェックがあります。しかし個人輸入などで購入する場合は、アフターピルが使用できる体質かをチェックしましょう。アフターピルは特に女性ホルモンを急激に大量摂取するため、体への負担が大きく、副作用とした吐き気、頭痛などが起こりやすいと言われています。しかし本当に恐ろしいのは血栓ができやすいということなのです。血栓とは血液の固まりのことであり、血栓が...

アフターピルを処方してもらうのも、性交渉からできるだけ早い時間であることが理想です。そのため金曜日の夜に失敗してしまった場合、土日でも診療を行っている、アフターピルを扱っている病院をチェックしておくことも大切です。もしそれが無理ならネットなどを利用して、個人輸入業者などから購入しておくこともおすすめです。特にアフターピルの服用は性交渉から12時間以内に摂取すると妊娠の確率は0.5%と、100%にと...

アフターピルや中用量ピルは、どちらも薬局などで購入することはできず、医師の処方によるものとなります。もちろん個人輸入代行などを利用して自分で購入することもできますが、普通に購入することはできません。そんなアフターピルや中用量ピルについてのご紹介です。アフターピルは避妊をし忘れたり、ゴムが破れたなど避妊ができなかったときに、緊急的に使用することができます。しかしアフターピルの代わりになるのも中用量ピ...

避妊を徹底したいなら、まず低用量ピルを毎日服用することがおすすめです。避妊率は99%と、100%までには至らないものの、とても高い確率で避妊できます。一番手軽な避妊方法としてコンドームが使用されていますが避妊率は97%。つまり100回使用して、3回失敗するという計算になります。しかし、その3回がどこで起こるかは分かりません。初めて使用して失敗する場合もあるということになるのです。そのため低用量ピル...