妊娠の初期症状と生理の違い

低用量ピルトリキュラー

妊娠の初期症状と生理の違い記事一覧

本来、正常な妊娠では受精卵が子宮の中に着床します。ところが別の場所に受精卵が着床してしまうと、子宮外妊娠となります。通常の妊娠と初期症状も変わりないことが多いため、見逃してしまうことが多い病気です。当然のことながら、妊娠検査薬では子宮外妊娠かどうかの区別はつきません。誰もが普通に妊娠していると思いがちですが、もしも子宮外妊娠だと母体の命にかかわりかねません。早期に発見することが大切ですから、妊娠か...

早く赤ちゃんがほしいと思って頑張っている人に知っておいてほしいのが、妊娠しやすいタイミングです。男性の場合は、健康なら大体いつでも精子を出すことができます。しかし女性は、男性と性交渉をしても妊娠しやすい時期としにくい時期があります。妊娠しやすい時期を狙えば、頑張った甲斐あって早く妊娠できる可能性が高いのです。女性の身体の中では、卵子が放出される排卵を迎える時期があります。いわゆる排卵日がこの時期で...

生理痛が激しいと、妊娠しにくいとか陣痛がきついなどの説があります。生理痛が激しい人の中には婦人病のケースなどもありますから一概にはいえませんが、単純に考えると生理痛の重さと妊娠確率と生理痛には関係がありません。ただ、生理痛が激しい場合には、子宮内膜症などの病気の可能性があるため、早めに病院に行っておかないと将来的に不妊症になってしまうかもしれません。子宮内膜症を体験した人の半数は、不妊症だといいま...

おりものを嫌な現象だと思っている女性も、多いでしょう。しかし実は、おりものは雑菌から女性の体を守ってくれているのです。量にも状態にも個人差があるおりものは、自分の体調を判断するためにも便利です。通常は、生理前に多くなるおりものですが、妊娠中にも発生する場合があります。全ての人に起こるわけではありませんが、多くの女性が体験していることですから、妊娠中におりものが増えても気にすることはありません。おり...

女性が妊娠を確認する手段として最も簡単なのが、妊娠検査薬です。専門医を受診して、もしも妊娠ではなかったら恥ずかしいと思う人も多いでしょう。妊娠検査薬なら自宅で調べることができるので、妊娠していなかったとしてもガッカリするだけで済みます。検査の結果が陽性と出たら、妊娠したかった人にとっては嬉しいはずです。だからこそ、妊娠とわかった後に出血があったときに動揺してしまうのです。陽性だったのに生理が来たの...

生理痛の中には、人によって頭痛を体験する人もいます。しかし、妊娠したら頭痛が起こりやすくなったという人もいるかもしれませんが、頭痛と妊娠の因果関係は医学的には解明されていません。つわりの症状のひとつには頭痛が挙げられることが多いのに、困ったものですね。妊娠して頭痛が起こるのは妊娠初期に多く、つわりの時期を過ぎると軽減される人がほとんどです。ただ、たかが頭痛と思ってもズキズキガンガン頭がしめつけられ...

妊娠したときには、生理痛のような下腹部痛が起こることがあります。子宮が段々と大きくなってくるので引っ張られるような痛みが走るのです。妊娠初期にはよくある痛みで、大体1ヶ月くらいで収まるのが通常です。痛みの頻度や重さには個人差がありますが、あまりひどい人は病院で相談したほうがいいでしょう。ほとんどの場合は、いつの間にか痛みが消えているのが普通です。ただ、妊娠初期は安定期に入る前で、流産しやすい時期で...

妊娠したはずなのに、出血することがあります。それも生理予定日の頃に起こるのでは、驚いてしまいますね。人によっては、これを生理の出血だと勘違いして、妊娠に気付かないこともあります。生理の出血量がときによって違うことも多少はありますから、少量の出血でも生理だと判断してしまうわけです。医学的には、妊娠したときの出血を月経様出血といいます。俗には着床出血ともいい、受精卵が子宮に根付こうとするときに起こるの...

妊娠が安定時期に入るのは、大体3ヶ月を超えた頃だといいます。それまでの初期段階は流産しやすく、身体に気をつけることが必要です。この時期には、子宮が伸縮するために下腹部痛が起きやすいという特徴があります。1ヶ月もすればおさまる痛みですが、痛みが長く続くようであれば医師に相談してみたほうがいいですね。場合によっては、何らかのトラブルが起こる前触れかもしれません。流産どころか、母体に危険がおよぶ可能性も...

妊娠した女性の身体には生理が来ませんが、出産してからも1年くらいは生理が再開しないというのがこれまでの通説でした。ところがそれは昔の話、現代では栄養事情もいいため、もっと早く生理が再開する人も少なくないといいます。ただし、母乳をあげている期間は別です。母乳をあげていると、生理のプロセスに変化が生じます。それは、赤ちゃんが乳房を吸うときに排卵を抑えるプロラクチンというホルモンが分泌されやすくなるため...

テレビドラマのように、つわりによって妊娠に気付く人は実際には少ないものです。大抵の人は、一ヶ月を過ぎて生理がこないとなったら、それなりに不安を抱くからです。つわりは妊娠2ヶ月目頃から起こる現象ですから、つわりによって妊娠に気付くとしたら、自分の身体の変化に鈍感になっているか早めにつわりが来たかのどちらかでしょう。つわりの種類には、眠気や頭痛、吐き気、だるさ、下腹部痛など人によっていろいろな症状があ...

生理は来たのに妊娠していたと、後々語る女性もいます。しかし、実際にはこれは生理の出血ではなく、妊娠による着床出血でしょう。あるいは、化学妊娠したのに流産して生理が来たのかもしれません。生理が来たとしたら、妊娠はまずありえません。着床出血を生理と勘違いしてしまうのは、日頃の生理での出血が不安定だからかもしれません。若い頃には出血量もそれなりにあるものですが、年をとってくると閉経が近づくため、出血量が...

妊娠したいと望んでいる女性に限らず、想像妊娠してしまう人はいます。想像妊娠とは、実際には妊娠していないにもかかわらず、つわりが起きたり胸が張るなどの症状が起きることをいいます。生理が何ヶ月も止まってしまう人もいて、女性の身体のデリケートさがうかがえます。女性ホルモンのバランスは非常に微妙な加減で保たれており、ちょっとした刺激にも影響されやすいのです。精神的なショックで生理が始まってしまったり、逆に...

近年目立ってきているのが、高齢になってからの初産です。昔の人も40代を過ぎて、50代に近くなるまで出産するケースもありました。しかし、現代の高齢出産の場合は、40代を過ぎていたり、30代後半になってからの初産が多いのが問題です。高齢出産にはそれなりのリスクがあり、現代の女性が昔より健康で若々しくとも、実は昔とリスクに大差はないという専門家の指摘もあるのです。また、高齢に近づいてから妊娠を望んで、な...

妊娠初期の兆候と生理の遅れの違いは、つきにくいものです。妊娠したら出血しなくなると思う人も多いでしょうが、実は初期には少量の出血がある人もいます。生理不順の傾向がある人などは、特に見分けがつきにくいでしょう。生理日をしっかり把握するためにも、妊娠の兆候を見逃さないためにも、いい方法があります。それは、基礎体温計をつけることです。妊娠初期には、体温が上昇したまま継続します。しかし、生理前には高温期が...

妊娠しないようにするためのピルに関して、やや不安を感じている人も多いのではないでしょうか。ピルにもリスクがありますが、昔よりだいぶ進化しているため、安全性も高くなりました。特に、避妊のためにピルを服用していて、将来不妊症になってしまうのではないかと心配している人は安心してください。ピルの服用をやめれば、99%の確率で半年以内に生理が再開しているという報告もあります。何らかの問題で生理が再開しないこ...

授乳中には、排卵が抑制されるというのが本来の考え方です。しかし、単に排卵が抑制されるというだけでは、妊娠しないと断言はできません。最近の人は栄養状態がいいため、授乳中でも生理や排卵が再開する場合が少なくありません。ということは、授乳中でも油断していると妊娠する可能性があるということです。ときには年子のお子さんがいるように、早く次の子供がほしいというご夫婦もいるでしょうが、お母さんにとっては授乳中に...

妊娠して気になるのは、胎児の成長です。産婦人科などに行くと、大体同じくらいの周期のお母さんを出会うものです。すると、うちの子は他の子よりも発育が遅いかもしれないなどの不安が出てきます。気にしすぎのこともありますが、実際に発育が遅れている場合は生理周期の関係かもしれません。というのも、妊娠してからどのくらい経ったかは、最後の生理の初日から数えるからです。生理周期には個人差がありますから、28日周期で...